製造実行システムで作業の効率化。

今、注目されている新分野のシステムに、”MES”というものがあります。
これは「製造実行システム」と訳されており、工場ラインと言った場所での製造工程の状態の把握やその管理、さらに作業をしている従業員への指示および支援などを行うことができるシステムです。
MESを導入することで、
・生産資源の配分、監視
・作業のスケジューリング
・データ収集
をはじめとする11の機能が非常に効率的に行えるようになり、生産力の向上につながると言われています。
そのため、現在製造業を筆頭にMESを導入する企業がどんどん増えてきました。

特に大企業が選ぶMESとして、”アプリソ(MES(製造管理)とサプライチェーンを支援するAprisoソリューション | DELMIA Apriso)”が挙げられると思います。
こちらは従来の製造実行システムであることはもちろん、それに加えて
・多様な要素の管理
・製造プロセスのペーパーレス化(作業指示書は電子配布で)
・廃棄物や在庫の削減
などのシステムも盛り込まれている超優れもの。

実際に、
・リクシル
・GM(ゼネラルモーターズ)
・ボルボ
・ロレアル
・テンピュール
・日立
・シーメンス
といった業者がアプリソのMESを取り入れているということです。

より詳細な内容については、上記の公式ホームページのMESに関するコラムをご覧いただければと思います。
カタログなども、英語になりますが用意されているとのことでした。

コメントはまだありません

コメントはまだありません。

この投稿へのコメントの RSS フィード。 TrackBack URI

コメントする